MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

コラム

経営資源の強化「人材経営」

  • 2017.01.25

経営資源|経営資源

 

経営資源(リソース)とは経営学用語の一つであり、エディス・ペンローズによって提唱されました。

企業が成長するための活動には多くの資本や労働力が必要であり、そして更なる成長には、より多くの経営能力が必要となります。

ここでの能力というのは、有名な「ヒト(人材)」、「モノ(製品・設備)」、「カネ(資金)」、「情報(知的財産・ICT)」などの諸々の力の集合体であり、この集合体が経営資源と呼ばれます。

 

そして、この経営資源の筆頭が「ヒト(人材)」です。

組織を構成する個々の人材は、事業を展開し、社会や顧客に価値を提供する主体的な存在です。

一人ひとりが経営理念や事業戦略をよく理解し、それに貢献すべく能動的に主体性を持って行動することで、企業成長の条件の一つを満たすことになります。

また、社会や顧客あるいは企業成長に貢献することは、個々の満足感、達成感が得られ、結果的に組織の活性化にもつながると捉えております。

 

 

|コンピテンシー評価

 

ベンカンでは、従来より「公明正大」な評価に基づいた目標管理評価制度の導入と普及に取り組んで参りました。

事業計画、事業戦略から部署、個人へブレイクダウンされた目標を設定し、その成果とプロセスを評価して処遇に反映させることが可能な人事評価制度です。

また、雇用形態が正社員ではない場合、契約給与とは別に、貢献度によって特別に報奨する制度を導入しました。

対して、貢献度に関係なく支給される手当の定義を、従業員に損益を与えないために支給するものとし、実費精算を基本に整備しております。

 

そして、更なるステップアップとして、コンピテンシー評価を導入します。

コンピテンシー評価

従来の日本企業に多く見られた年功序列による評価は、勤務年数の多い従業員が高い評価を得ます。

勤務年数が長いベテランであれば、それだけ能力が高いことになりますので、ある意味、正当な評価に思えます。

しかし、現実では、ベテランが必ずしも能力が高いとは限りませんし、仮に能力が高いからと言って、それを優れた成績に結び付けるように発揮しているとも限りません。

表彰コンピテンシー評価では、「優れた成績に結びつけるために持ち得た能力を発揮した行動」を評価します。

これにより、「公明正大」に加え、よりnew_window「信賞必罰」な人事制度を構築して参ります。

 

また、人事評価にまでには至らないスポット的な功績や成果を讃えるために表彰制度を運営しています。

まず、四半期毎(3月・6月・9月・12月)に役職者の投票により、優秀者を数名決定して表彰しております。

その上で、各四半期表彰者を対象に、全従業員が投票して年間最優秀賞者(MVP)を決定するフェスティバル的なベンカン総選挙を開催しております。

全従業員から選ばれた年間最優秀賞者(MVP)は、特別昇格・級の対象者として査定されます。

 

 

|人材育成

 

blog_import_57204166257ae

人材が高い能力を発揮するにあたって、個人の努力だけに委ねるつもりもありません。

そこで、経営として人材育成の教育体系を構築させるべく取り組んでおります。

 

分類すると、実業務上の指導(OJT:On the Job Training)、自己啓発(SD:Self Development)、集合研修(OffJT:off the Job Training)となります。

ベースとなるのがOJTですが、上長や先輩の個人裁量に成りかねませんので、星取表的な実務能力基準表(スキルマトリクス)を用いて、指導と評価の一致を推進しております。

また、自己啓発は、文字通り、個別に取組んでもらうものですが、推薦図書を紹介したり、支給するなどして活性化を促しております。

集合研修は、社外から講師を招いて研修を実施するケース、社内でスキルの高い者が講師になって勉強会を実施するケース、同じスキルの者が集まってディスカッション形式で課題に取り組むケースなどがあります。

 

 

|人材のグローバル化

 

IMG_9529

ベンカンが、今後も永続的に成長・発展し続ける企業であるためには、その経営体質強化に結びつく人材育成体系を構築することはますます重要になって参ります。

そのために、外国人スタッフの人材育成にも力を入れております。

群馬県に所在する国内製造拠点であるMJ工場には、40人前後の外国人スタッフが従事しております。

その中には、外国人能力実習制度を活用してベトナムから来ている実習生10人程度も含まれています。

ベンカンには、海外製造拠点としてベトナムにBV1工場がありますが、今後、この存在がより重要視されて来ます。

また、営業としての海外市場開拓も重要視されますので、貢献できる人材、異文化マネジメントできる人材育成にも力を入れて参ります。

 

 

ベンカンも、それを構成する人材もまだまだ、顧客の皆様が求められるに相応しいレベルに達し切れていないケースがあることは自覚しております。

それだけに「あるべき姿」と「現状の姿」とのギャップを正しく認識し、決して驕るでも妥協するでもなく謙虚に高みを目指して参ります。

 

click ジンザイ育成

click グローバル人材の育成

click 外国人技能実習生制度の運用

 

t-wagatsuma

 

  我妻 武彦(Takehiko Wagatsuma) ico_sns_facebook 取締役  執行本部 本部長 兼 最高執行責任者(COO)

 

皆様の声


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ