MENU

  • Facebook
  • Twitter
Select Language

コラム

現状維持バイアス

  • 2017.01.30

IMG_9671過去にやったことのない目標を達成したいのならば、まずは、行動することだと考えています。

しかし、必ず持ち上がるのが質を優先する考え方です。

 

私は、この考え方は明確に否定します。

 

なぜなら、質は行動の結果(体験)があるから高まる(PDCAサイクル)のであって、行動なくして高まることは基本的にないと捉えているからです。

 

さらには、理屈ではなく、「どーせ無理」と「今までのやり方を変えたくない」、「とにかく現状のままがいい」と抵抗する人もいます。

 

この「現状を現状のまま維持したいと思う無意識の欲求」を「現状維持バイアス」と呼び、強弱の違いこそあれ誰にでもあるのだそうです。(絶対達成バイブル・横山信弘 著より)

 

 

VUCA現代は解析不能な経営環境(VUCA)にあります。

 

その経営環境下で、掲げた目標を達成することを「あたりまえ」に行動できる組織づくりを望むのであれば、この「現状維持バイアス」は絶対に排除しなければなりません。

 

特に強い「現状維持バイアス」が掛かっている人の原因は、インサイドとアウトサイドのそれぞれにあると思います。

 

 

 

環境「インサイド」とは、つまり「自分自身」の中のことです。

 

多くの人は自分の都合の良いように物事を見て、良し悪しを判断しています。

 

この考えでは、行動しない理由を常に環境へ責任転嫁してしまいます。

 

行動しないのは自分の弱さに問題があることを受け入れ、まずは行動してみることが大切です。

 

「アウトサイド」とは「組織環境」である「場」のことです。

 

自社の置かれた経営環境も理解しないまま、行動しないことが許される組織環境なのであれば、結局、そこに置かれた人間も「現状維持バイアス」に流され行動しなくなります。

 

逆に周囲が目標を達成することを「あたりまえ」に行動しているのであれば、自ずと自分自身も、それが「あたりまえ」になります。

 

そのような「場づくり」が大切です。

 

ニューロロジカルレベルつまり、目標を達成することを「あたりまえ」に行動できるようにするには、「インサイド」と「アウトサイド」の両面から人の意識に影響を与えて変えて行く必要があると考えております。

 

人の意識には、「ニューロ・ロジカルレベル」と呼ばれる階層があると言われています。

 

この考え方に則って、ベンカンでは、インパクトの強い上層から下層に対するトップダウンを節目節目や要所要所でポイントを絞って行っております。

 

対してインパクトの弱い下層から上層に対するボトムアップは、とにかく回数を重ねて影響を与えて行きます。

 

この「インパクト×回数」の実行によって、決して組織に強い「現状維持バイアス」が蔓延ることのない様に努めております。

 

組織環境が旧態依然の体質で、経営環境の変化に置いて行かれることのない様に、「知恵と勇気を持って 変化にチャレンジしょう!」と思います。

 

 

t-wagatsuma

 

  我妻 武彦(Takehiko Wagatsuma) ico_sns_facebook 取締役  執行本部 本部長 兼 最高執行責任者(COO)

 

皆様の声


最新の記事一覧

サイト内検索

月別アーカイブ

タグ

PAGETOP

Contact

ステンレス配管に関するご質問・ご相談・ご要望などがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ